突然ですがあなたは、糖質制限をはじめたが、忙しいので自炊もできないし生活も不規則なので、何を食べたらいいの?…なんて悩んでいませんか?


糖質制限の外食


私も、糖質制限をはじめた頃は、仕事の関係でお酒も飲まないといけないし、ほぼ毎日外食(~_~;)これでは、糖質制限ダイエットなんて絶対にできなーい!と思っていました。


しかし、糖質制限について正しい知識を勉強して分かったのですが、きちんと体が覚えてさえくれれば、3日坊主でもズボラでもダイエットは成功できるのです。

しかも体重、体脂肪率が落ちるだけでなく、健康診断の数値にもプラスの影響が出るなど、良いことだらけ!


成功のきっかけとなったのが「糖質のコントロールと、ほんの少しの工夫」でした。

そこで今回は、外食中心でもできる糖質制限について紹介します!

もし、あなたが今の不規則な生活リズムのままダイエットしようとしてるのであれば、是非この方法を実践してみてくださいね。

忙しくてなかなか自炊ができない人や、料理が苦手な人でも、今日から実践できますよ^^

それではまいりましょう!


不規則で自炊する時間がない!そんな時こそ居酒屋にGO!

まずはじめに、そもそも外食はダイエットに不向きか否か?

あなたは、どっちだと思いますか?

ずばり結論!

お店選び次第で逆にダイエット向きのお店はたくさんあります


1990年代、肥満や不健康の代名詞といえば「塩分」「脂質」「アルコール」でした。

この3つを摂りすぎたら生活習慣病になる!という恐ろしいイメージが確立されてきましたが、最新の栄養学的には生活習慣病との関連性は比較的少ないことが証明されてます。

実は、塩分、脂質、アルコールの摂りすぎが問題なのではなく、あるものが足りなさすぎて、健康維持するための体内バランスが崩れていることが大問題なのです。

その“あるもの”とは…
ビタミン、ミネラル、タンパク質といった、体内の代謝を助けてくれる栄養素たち!

これらの栄養素がじゅうぶんに摂れていないと、在庫の山(脂肪)にまみれた工場のように、出荷(脂肪燃焼)が追いつかない、代謝の悪い体になってしまいます。

ということは、外食だけで糖質制限をするには、、「足りない栄養素を補えるメニュー」を選べば良いだけです!


色んな種類の外食がありますが、その中でもバランス良くメニューを選べるので居酒屋さんがおすすめ!

私が居酒屋さんに行ったときに選ぶメニューの一例
  • たんぱく質:枝豆、冷や奴、出し巻き卵、ほっけの開き、牛しぐれ煮
  • ビタミン:冷やしトマト、漬物盛り合わせ、塩キャベツ、キムチ、サラダ
  • ミネラル:もずく酢、味噌汁、カルパッチョ、レバー刺身



普通の食生活で、糖質と脂質は不足することは有り得ないので、特別意識して摂らなくても大丈夫です。

意識的に摂るべきは、たんぱく質・ビタミン・ミネラルが含まれるメニューですね!


スポンサーリンク



ちなみに、もしも「今日、何食べたい?」と聞かれて選択肢が与えられるのであれば、迷わず「焼き鳥屋ーーー!!」と叫んでくださいね^^

何と言っても、リーズナブル!!そして、高タンパク、低カロリー代表!!これに生野菜の突き出しがあれば…最高です。

あとは塩かタレなら、塩を選んでくださいね!

お酒飲みながら糖質コントロールする方法!

今までは「とりあえず生で!」と注文してたあなた!


糖質制限中のお酒


これからは、糖質が少ないハイボールや麦焼酎に変えましょう

1杯目は定番のビールを注文したい気持ちは良く分かるのですが、空腹にビール(糖質)を流し込むと吸収率MAXになってしまいます…。

もしも、そのあと食べるものが全て、あなたのお腹の内臓脂肪に変わっても良ければ飲んでください(笑)

ビールをハイボールや麦焼酎にかえるだけで、糖質制限中に飲みに誘われても断る必要はなくなりますよ(#^.^#)


ちなみに、「乾杯時にどうしてもビールをひとくちだけ…」ということであれば、飲んだビールの量以上のお水を同時に飲んでもらえれば大丈夫です。

また、ワインがお好きな方は、赤ワインを選んでください。

赤ワインは白ワインよりも糖質が低いので、ビールと同様、内臓脂肪に変わるのを防げます。

尚且つ、赤ワインには体内のアンチエイジングに効果的なレスベラトロールが豊富に含まれてるのもオススメの理由です。


スポンサーリンク


ランチタイムは誘惑がいっぱい!種類が選べるビュッフェスタイルに頼っちゃおう!

ランチといえば…パスタ?ハンバーガーセット?カレーライス?海鮮丼?

飲食業界からすると、安い原価で簡単に提供できる糖質メニューはありがたい存在。

残念なことに、和洋中どれを選んでも、なかなか糖質を避けて通れないのがランチタイム…。


でも安心してくださいね!

ビュッフェスタイルのお店を選ぶことで、糖質制限中にでも安心してランチタイムを楽しむことができますよ!

ビュッフェスタイルのお店の魅力は、食べたいものを食べたいだけ選べること。

糖質以外のメニューから好きなメニューを選んでくださいね(#^.^#)

最近は、サラダバイキング以外にも、和食のおばんざいバイキングも増えてきてますから、実家の母の手料理感覚でおかずを選ぶのも楽しいかも!

おすすめのメニュー
  • たんぱく質:豚肉、鶏肉、卵料理、豆腐料理
  • ビタミン:生野菜、旬の野菜、果物
  • ミネラル:マリネ、海鮮類、魚介類



こんな感じで選べば、かなりバランスの良いランチになりますね。


その他、まいどおおきに食堂さんシリーズの「◯◯食堂」のように、必要なおかずをカスタマイズできるお店もリーズナブルでオススメです。

あと、中華バイキングは、肉団子やエビチリなどの味が濃いものはおすすめできませんが、もやしサラダ、棒棒鶏、焼豚など、限りなく薄味のものを選べば問題ないですよ!

見分ける基準は、あんかけ、とろみ、タレを避ければOK
(そうするとほぼなくなってしまうかもしれませんが!笑)

ちなみに、この記事を読まれてるあなたなら既にお気付きだとは思いますが、パンビュッフェ、スイーツバイキングなどは行かないでくださいね

あくまでも、糖質コントロールが目的ですよ!


糖質は駄目

まとめ

いかがでしたでしょうか?

いつもの生活スタイルの中で、チョイスを変えれば自炊できなくとも簡単に糖質コントロールが出来てしまいます

少しずつ実践しながら、癖付けていってくださいね!


スポンサーリンク