あなたは、話題になったダイエットに取り組むが、ダイエット後の体型を維持できなくて悩んでませんか?


リバウンド対策


私も、DVDを買って軍隊に入隊して、ダンササイズして、棒にぶら下がったり、乗馬マシーンに乗ったり、お腹に電極貼ったり、サプリメントに頼ってみたり…数えたらきりがないくらい、様々なダイエットを経験してきました。

でも、そんなダイエットマニアな自分に対して、ある時ふと「私って趣味ダイエット、特技リバウンド」になってない!?

さらに、ダイエットに消費してきた金額を思い出して、自己嫌悪(-_-;)


「ダイエットにかけてるお金を、新しい服や美味しい食べ物に使えたら幸せだろうに…」

そんな考えが浮かんでから、どうすればリバウンドをしないようになるのかを必死に勉強し始めました。


すると、リバウンドを繰り返す人には、3つの共通点があることに気付いたのです!

それを意識し始めてからは、道具も何も使わなくとも、太らない身体が維持できるようになりましたよ(*^-^*)

もしも、3つの共通点に気付かないままだと、まだ、ダイエット方法やグッズに無駄なお金使っていたんでしょうね…。

あなたも、新しい服や美味しい食べ物にお金を使えるようになるために、今回は、ダイエットでリバウンドしないための3つの対策を紹介します!

それではまいりましょう!



あなたもダイエット業界に狙われているかも?

残念ながら世の中には勝手に痩せる「魔法の薬」や「魔法の方法」なんてものは存在しません。

厳しい言い方ですが、楽して痩せる方法を探している思考を変えない限り、あなたはリバウンドの悪循環から抜け出せません。

そして、怠け者こそがダイエット業界のベストターゲットなのです。

そもそもダイエットは凄く儲かる業界!当然、甘い言葉をならべて、あなたのお金を狙ってます(;´Д`)


ただ、「企業側が私たちを騙して儲けてる!」などと批判したいわけではありませんよ。

当然、素晴らしい方法や効果が期待できるグッズもありますから、もっと賢くなって上手に選択権を使いましょうという意味です。


ちなみに、ダイエット大国アメリカでは、過去70年間で26000種のダイエット方法が発表されました。

それらのダイエット方法で成功した人は20人のうち1人、つまり成功率は5%。

この場合の成功というのは、目標数値に達した人。

その5%の中でも、その後維持し続けることに成功した人は200人のうち1人。たった0.5%しかいないそうです。
(ワシントンポストの調査)


つまり、リバウンドをしない為には、目新しいものや、◯◯するだけ!という心揺れる文言に惑わされず、なぜ太るのか、なぜリバウンドするのか本質を知ることが大切ですね!


スポンサーリンク


食べないダイエットが1番危険!

リバウンドしない2つ目のポイントは、ちゃんと食べる!


あなたも、「今日食べ過ぎたかな…」と感じる日は、なぜか少しだけ悪いことした気分になりませんか?

せっかくの楽しい食事の時間も、罪悪感を感じながらだと美味しさが半減ですよね。


だからと言って「昨日食べ過ぎたから今日は食べない!」という作戦は逆効果

ドカ食い→減食→ドカ食い→減食……の結果、待ってるのはリバウンド製造機な体質になってしまいます(;´Д`)

私たちの身体は、最低限健康に生きるために毎日必要なエネルギー量があり、基礎代謝が落ちた結果、省エネモードになるのです。

省エネモードになると、無駄にエネルギーを使わないように節約しようとします。

省エネモードについてはこちらが詳しいので参考にしてください。
→ 太る理由は基礎代謝にあった!無理なく代謝を高める方法とは?



つまり、身体は「これだけの量あれば活動できる!」と毎日エネルギーを欲してるのに、あなたの気分で食べずにいると、「あれ?今日は予定してた量が足りない…無駄遣いしてしまったら、明日からの健康が保てない!」と、自動的に守りに入ってくれるのです。

そして、省エネモードの身体が染み付いた頃、久しぶりにダイエット前の食事に戻してみると…

以前よりも脂肪が燃やせない!なんか身体がだるい!冷え性、肩凝り、腰痛などなど。

基礎代謝が下がった結果、以前よりもさらに痩せにくい身体の出来上がり!しかも、身体が不調箇所がでてしまうという…(-_-;)


リバウンド対策


このパターンの落とし穴は、体重が減るので一見痩せたように感じることです。

しかし、減ったのは脂肪ではなく筋肉なので、太りにくい体質から更に遠ざかってしまうというわけです。

健康的にシェイプアップできて、尚且つリバウンドを防ぐポイントは食べること!

もちろん、なんでもかんでも食べていいのではなく、食べるにはメック食がおすすめです!

メック食についてはこちらの記事が詳しいので参考にしてください。
→ 糖質制限ダイエットの成功はメック食!効果があがる摂り方とは?


ダイエットはイベント的にやるものではない!

リバウンドする人の最大の共通点はダイエットをイベント的にすることです!

夏前に焦ってダイエット、結婚式のためにダイエット、好きな人を振り向かせるためにダイエット、健康診断に引っかかったからダイエット…など、動機は様々あると思いますが、それを毎回繰り返してることが大問題!

イベントをきっかけにするのはとても良いこと!目標があったほうが気持ちも前向きになります。

ただ、結局、数値や体型は変わるけど一時的なもので、苦しいダイエットを繰り返すことに…(;´Д`)。


スポンサーリンク



生活習慣そのものが「太らない習慣」として身につけば、何かあるたびに焦ることもなくなります。

「ダイエット」という言葉の本当の意味は、「健康的な食習慣」です。

「食事」という漢字は「人に良い事」と書きます。

これらをまとめると、正しいダイエット=身体が喜ぶ食事の習慣を身につけることです。

イベントダイエットでリバウンドを繰り返していた人は、大前提この考え方にして頑張ってください。

ダイエットは、1つのきっかけから体重を落とすだけでなく、一生ものの身体作りができることが最終ゴール。

是非、今の習慣を見直して、リバウンドしない太らない習慣を身に付けてくださいね!

正しい食習慣についてはこちらに詳しく紹介しています。
→  味覚が変わるとダイエットが成功する!調味料が太る原因とは?


まとめ

いかがでしたでしょうか?

リバウンドをしない対策の3つのポイント
  • リバウンドの本質を知る
  • ちゃんと食べる
  • 身体が喜ぶ食習慣を身につける



色んな情報が出回る時代だからこそ、正しい知識を身につけて頂きたいと思います。

せっかくやるならば、ダイエットは人生1回きりにしたいですね!!


スポンサーリンク