ケトン体体質って聞いたことあるけど、実際にどうすればいいのかであなたも悩んでませんか?


ケトン体体質には脂質


ケトン体体質とは、ダイエット成功のために重要な体質で、大まかに言うとエネルギー源を糖質から脂質に変化させること

ケトン体体質になると太りにくい体質となるので、ダイエットが成功に有利!

しかし、多くの人が太りやすい体質のまま、ダイエットに取り組んでしまうため、リバウンドし失敗するのです。


ではどうすれば、ケトン体体質になれるかというと、ずばり食事を変える

そして食事を変える時の大切なポイントが「糖質制限」と「脂質の摂取」の2つ。


実は、筋肉に取り込める糖質量は決まってます!

普段、血糖値は一定に保たれており、すい臓から出る血糖値を下げるインスリンも一定であり、筋肉に糖質が取り込まれています。

しかし、糖質をとると血糖値が急に上がり、上がった血糖値を下げる為にすい臓からインスリンが追加分泌されるのです。

インスリンの追加分泌が必要になるくらい糖質を摂取すると、筋肉に糖質を取り込めず、脂肪細胞として体内で貯蓄されます

この追加分泌が太る原因。

糖質制限については、以前詳しく説明しているのでそちらを見てください。

糖質制限についてはこちら

→ ケトン体体質ダイエットとは?糖質制限があなたを救う!



そして、もう1つのポイントであり今回のテーマが脂肪の摂取

「脂質の摂取して体を太らせるの?本当にあってます?」と、心配になったあなた!

私も初めて聞いたときは、耳を疑いましたが、実はダイエット成功には脂質が不可欠なんです!


そこで今回は、ケトン体体質にはなるために必要な脂質について見ていきましょう!

この記事を読み終わる頃には、今まで敵だと思われていた脂質が味方に感じますよ^^


脂質が体に与える影響とは?

体脂肪を気にしすぎるあまり、脂質を避ける人が多い傾向にあります。

しかし、実際は脂質は人間のエネルギー源であり、必ず摂らないければいけない栄養素


脂質は摂取すると胃や腸で吸収され、全身に存在するミトコンドリアに運ばれます。

ミトコンドリアとはエネルギーを作る細胞であり、脂質でエネルギーをつくり人間が活動できるのです!

反対に、脂質なしでは人間は動けません


では、これがダイエット成功、そしてケトン体体質とどう関係があるか?

ケトン体体質の仕組みは至ってシンプル!

人間のエネルギー源は、糖質と脂質の2種類

そして、エネルギー源を脂質のみにすることがダイエット成功のカギなんです!


実は、糖質と脂質では1g当たりの消費カロリーが全く違います。

  • 糖質:4kcal/g
  • 脂質:9kcal/g

つまり、脂質の方が糖質比べて、1gで消費できるカロリーが倍以上に多いのです。


車に例えると、

  • 1リットルのガソリンで4㎞(糖質)
  • 1リットルのガソリンで9㎞(脂質)

脂質の方が圧倒的に燃費が良い!

さらに、糖質制限によって使用するエネルギー源が、脂質のみになると脂質ばかりが燃焼し続けます。

ちなみに、良質な脂質であればいくら摂取しても問題ありません。

過剰な摂取を避けるのは糖質のみ。

そして、糖質を制限出来れば、元々の脂肪も燃焼可能

これが体脂肪が落ちる仕組みであるケトン体体質です!


ケトン体体質に必須な脂質なんですが、実はなんでもかんでも、摂取すればいいものではありません。

実は、摂っても良い脂質と悪い脂質があるんです!

次の章で詳しく見ていきましょう。


スポンサーリンク


脂質の種類とは?

脂質は大きく分けて、

  • 味方になる脂質
  • 敵になる脂質

の2種類あります。


味方になる脂質とは、オメガ3系脂肪酸と呼ばれる脂質

主に、魚油やオリーブオイルに含まれています。

魚油とは、サンマやサバといった青魚やマグロの赤身に良く含まれており、これらの脂質にはEPAやDHAが多く含まれており、血液をサラサラにします。

良い血液が体内に流れる事で、代謝も良くなるのです!

ちなみに、オリーブオイルを選ぶときは、化学的処置をとっていないエキストラバージンオイルがおすすめ!


ケトン体体質にオリーブオイル


逆に敵になる脂質は、オメガ6系脂肪酸と言われる脂質。

オメガ3系脂肪酸とは、反対で血液の流れを悪くする成分があります。

パン、マーガリン、コンビニ弁当といった比較的手軽に手に入るものに多く含まれていますので、出来るだけ摂取しないようにしましょう。

では、どれぐらいの摂取量が適正なのでしょうか。

引き続き見ていきましょう!


スポンサーリンク


オメガ6系脂肪酸とオメガ3系脂肪酸の適正摂取量とは?

実は、オメガ6系脂肪酸とオメガ3系脂肪酸の摂取には理想の比率があります。

オメガ6系脂肪酸:オメガ3系脂肪酸=2:1



しかし、現在は食の欧米化によりこのバランスが崩れて、【オメガ6系脂肪酸とオメガ3系脂肪酸15:1】になっていると言われてます。

相当の乱れかたですね(-_-;)


では、15:1の比率を理想である2:1にするには、どうすれば良いかと言うと、

  1. オメガ6系脂肪酸を控える
  2. パン、マーガリン、焦げ、揚げ物の衣etcを控える

  3. オメガ3系脂肪酸を摂取する
  4. 青魚、マグロの刺身、乳製品を増やす



この2つを意識してください。


オメガ3系脂肪酸を摂取量は、厚生労働省の発表では1日4000㎎の摂取が必須とのことです。

ちなみに、4000㎎摂るためには、スーパーで切り売りされている中トロの刺身を32切れ/1日食べないといけません(;゚Д゚)!

この量を普通の食事だけで、継続して摂取するのは金銭的にも肉体的に厳しい…

では、どうすれば良いのか?


おすすめの方法は、サプリメントで補う

最近では、市販でオメガ3系脂肪酸は簡単に手にはいります。

ちなみに、お肌がカサカサしてきた時は、良質な脂質が不足している証拠。

良質の脂質を摂ってくださいね(*^-^*)

まとめ

いかがでしたか。

ケトン体体質と脂質の関係について理解していただけたでしょうか?

今回の内容をまとめると、

ケトン体体質になるには
  1. 糖質制限に加えオメガ3系脂肪酸の摂取
  2. オメガ6系脂肪酸:オメガ3系脂肪酸=2:1
  3. オメガ6系脂肪酸の過剰摂取を控えるだけで脂質の比率が良くなる
  4. オメガ3系脂肪酸の摂取は現代の食事のみでは難しいため、サプリも使用する



以上の4点に注意して味方の脂質と敵の脂質を見極めて摂取しつつ、ケトン体体質を目指しましょう!

本気で取り組めば、案外すんなりケトン体体質になれますよ(*^-^*)


スポンサーリンク