ダイエットに取り込まれてるあなた!ケトン体体質ってご存知ですか?


ケトン体体質


色々なダイエット方法を試すも、継続できずリバウンドしているのなら、原因は体質のせいかもしれません

もしも、あなたが、太りやすい・痩せにくい体質だったとしたら、いくら努力をしても結果は…。

しかし、安心してくださいね!実は、みるみる痩せていく魔法の体質があるんです!

その体質こそが、ケトン体体質!


あなたも、ケトン体体質に変えることが出来れば、今まで失敗していたダイエットも成功するかもしませんよ(#^.^#)

しかも、このケトン体ダイエットは、脂肪だけが痩せていくのでメリットだらけ!

そこで今回は、
「そもそもケトン体体質とはなに?」とか
「なんで、ケトン体体質になれないの?」とか
「ケトン体体質になるとどんなメリットがあるの?」などなど、

魔法の体質をあなたに手に入れてもらうために、ケトン体体質ダイエット法について紹介します!

それでは、一緒に憧れのケトン体体質になるために見ていきましょう!


ケトン体体質って一体なに?

ケトン体体質は、エネルギー源を変えることで効率良い消費を促す体質のこと。


今までは、人間が動くために必要なエネルギー源は、糖質(グルコース)だと考えられてました。

人間が動く仕組み
  1. 糖質を摂取すると、血糖値が上昇します
  2. 上昇した血糖値を下げるために、すい臓からインスリンという血糖値を下げる物質が分泌
  3. インスリンが糖質を筋肉に取り込むことで人間が動ける



しかし、体内の糖質をなくすことで、体を動かすために別のエネルギー源が働く。

そして、糖質の代わりに使われるエネルギー源こそが、脂肪(ケトン体)なんです!

実は、脂肪の方が糖質よりエネルギーの効率が良いと最近の研究で分かっています。

ちなみに、1g当たりの消費エネルギーは、

  • 糖質(グルコース)4kcal
  • 脂肪(ケトン)9kcal

と、なんと!脂肪は糖質の2倍以上のkcalを消費!

という事は、体を動かすときに使用するエネルギーを糖質から脂肪に変えたケトン体体質になれば、より多くのkcalを消費できる痩せやすい体質になれます。


ケトン体体質ダイエット


ただし、糖質(グルコース)が体内から無くなると使わるのが、脂肪(ケトン)。

言い換えると、脂肪を使うためには、糖質を体内から無くさなければいけません。

「えっ?糖質なしでも人間って動けるの?」

と、勘の良いあなたなら思ったかもしれません^^


結論から言うと、糖質を摂取しなくても大丈夫!


実は、肝臓には体内に余った不必要なケトン体を貯蓄し、使用する働きがあります。

  1. 体内の糖質がなくなった時に、肝臓は貯蔵していたケトン体を使いはじめる
  2. ケトン体は細胞膜や血液脳関門を通って、エネルギーを代謝する場所(ミトコンドリア)に届けられる
  3. ケトン体がミトコンドリアに届けられることで代謝がおこり、エネルギーが発生
  4. 体が動く



糖質も脂肪と同様に脳や筋肉のエネルギー源として働きます。

ただ、脂肪より糖質の方が消費の効率が悪い。

つまり、脂肪をエネルギー源とするケトン体体質は、痩せる体質と言えるのです!


スポンサーリンク


ケトン体体質になれない原因とは?

ずばり、ケトン体体質になれないのは、糖質の摂取が多いから!


ケトン体体質になる


効率良くエネルギーを消費するのには、ケトン体を使うこと!

しかし、現状は、糖質の過剰な摂取により、脂肪が消費されず貯蓄されている状態。

これでは、ケトン体をエネルギー源にするケトン体体質にはなれません!


ただ、どんな食事でも微量ながら糖質は摂取してしまうので、糖質0は不可能…。

糖質を全くとってはいけないわけではなく、摂り過ぎがダメということです。


ちなみに、1日での糖質の摂取量の上限は1日140g以下で、67g以下が理想

この糖質摂取量ですが、体重・性別は関係なく同じ量を守ることが大事です。

この範囲だと、糖質をとっても大丈夫ですよ!

ちなみに、ケトン体体質になるために欠かせない脂質についてはこちらの記事で詳しく紹介しています。

ケトン体体質ダイエット!糖質と絶交し脂質と友達になるのが成功のカギ!

ケトン体体質になるには?メリットはあるの?

ケトン体体質になるためには、糖質の過剰な摂取を控えることです。

特に、夜に糖質を摂取するとケトン体体質にはなれません



日中であれば活動量が多く、筋肉が動くため、インスリンが分泌され、糖質を筋肉へ取り入れます。

しかし、夜間睡眠時は活動量が減少し、筋肉が休んでいるので、糖質を筋肉へ取り入れようとする働きがなくなるのです。

そうすると余った糖質を脂肪に変えて体内で貯蓄する働きがでて、内臓脂肪が貯まる原因に(;´Д`)

糖質制限をして、ケトン体体質になると内蔵脂肪が溜まりにくくなりますよ


スポンサーリンク



ちなみに、最近では、スポーツ選手の中でもケトン体体質が流行っているそうです。

特に、サッカーの長友佑都選手とテニスのジョコビッチ選手は、ケトン体体質を推奨しております。


長友佑都選手が、一時期成績が落ち、試合数と出場時間が減少していました。

理由は、スタミナが落ちてきたこと。

しかし、ケトン体体質の存在を知り、糖質制限した食事を徹底したところ、スタミナがつき成績が戻ったそうです。

また、ジョコビッチ選手は、元々、知名度の低い普通のプレーヤー。

しかし、ケトン体体質を知り、食事を変えたことで世界ランク1位まで上り詰めました!

彼の書籍の中にも1番になった理由は「強くなった理由は食事を変えたから!」と書かれています(*^-^*)

興味がある人は、一度読んでみるとケトン体体質について参考になると思いますよ!



まとめ

みるみる痩せていくケトン体体質になるために、必要なことはズバリ糖質を制限することです!

特に、夜間の糖質摂取を制限する必要があります。


ただし、1日で大きく変化するものではありません

継続は力なりという言葉があるとおり、毎日続けて行い、魔法の体を手に入れましょう!

継続してケトン体体質を手に入れた時には、体の軽さを実感できますよ(#^.^#)


スポンサーリンク